再転相続について
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 再転相続について

再転相続について

相続人が相続を承認又は放棄する前に死亡した場合(再転相続)

相続人が、相続の承認又は放棄をせずに死亡した場合は、その相続人の相続人(後相続人)は、前相続人の承認又は放棄の権利を引き継ぐことになります。

後相続人は、1番目と2番目の相続を同時におこなうことができ、このことを再転相続といいます。

後相続人が借金を相続したくないため相続放棄をする場合、普通の相続放棄と異なり、家庭裁判所に申立をする際に注意しないといけない点が多数ありますので、注意が必要です。

私どもでは再転相続放棄の手続に関しては実績が豊富ですので、安心してご依頼ください。

再転相続による相続放棄手続きサービスに関するご相談・ご依頼については、
フリーダイヤル:0120-40-3430まで、お気軽にお電話ください。

再転相続による相続放棄の手続サービスに関する費用

料金・サービス内容については、下記ページを参照ください。
相続放棄手続き費用・詳細はこちらをクリック>

 

相続放棄お客様の声