寄与分制度について
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 寄与分制度について

寄与分制度について

 

1. 寄与分制度とは

共同相続人間の公平を図る制度であり、共同相続人中に、被相続人の財産の維持又は
増加について、特別の寄与をした者がある時は、遺産分割にあたり、その者に法定相続分の他に寄与に相当する額の財産を与える制度である。

2. 寄与分の要件

(1) 寄与分権利者は、共同相続人のみである。
これは、寄与分制度が、遺産分割における共同相続人間の公平を図る趣旨のものであるからである。
(2) 寄与の態様
A  被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付がなされたこと
B  被相続人の療養看護につとめたこと
C その他の方法で被相続人の財産の維持又は増加をしたこと
(3) 寄与の程度
寄与分を受けられるのは、特別の寄与をした時に限られる。
(4) 寄与分の算定
原則として、協議でなされ、協議が調わない時、または協議をすることが出来ない時は、寄与をした者の請求により家庭裁判所が審判で定める。

3. 寄与分の限度

寄与分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から遺贈の価額を控除した残額を超えることが出来ない。これは、被相続人が遺贈をしている時は、その意思を尊重して、それが寄与分より優先することを規定している。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

相続放棄お客様の声