代襲相続とは

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 代襲相続とは

代襲相続とは

 

例えば、A(祖父)が死亡する前に、Aの相続人であるB(父)がAより先に死亡していたときはBの子であるC(子)がAを直接相続します。つまり代襲相続とは、このように、被相続人の子や兄弟姉妹が相続の開始以前に死亡等によって相続権を失った場合、その者の子が、相続権を失った直系尊属(被代襲者)に代わって相続する制度です。

代襲相続が発生する理由を代襲原因といい、死亡以外にも本来の相続人であるBが相続欠格にあたる場合や相続廃除されている場合も代襲相続が発生します。被代襲者は被相続人の子供又は兄弟姉妹になります。直系尊属や配偶者が相続人になる場合は、代襲相続は認められません

 

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声