相続放棄の熟慮期間

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続放棄の熟慮期間

相続放棄の熟慮期間

相続放棄をするには、「被相続人(亡くなった人)が死亡したことを知り、自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に家庭裁判所に申立をしなければなりません。この3ヶ月の期間のことを熟慮期間といいます。

被相続人が死亡したことを知っただけで、自分が相続人となったことを知らない場合は、熟慮期間は始まりません。相続人が被相続人の子供の場合には、被相続人の死亡を知れば、直ちに自分が相続人となったことを知ったことになります。しかし、被相続人の子供が相続放棄をし、被相続人の直系尊属が既に死亡している場合、兄弟姉妹が相続人となるわけですが、兄弟姉妹が先順位の相続人である子供の相続放棄を知らされなければ、自分が相続人となったことを知らないということになります。

ちなみに、先順位相続人は、例え相続放棄をしても、相続放棄した事実を次順位相続人に通知しなければならないという義務はありません。ですので、被相続人の債権者から請求を受けた時に、初めて先順位相続人の相続放棄を知るというケースも多々あるようです。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声