再転相続とは

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 再転相続とは

再転相続とは

例えば、A(祖父)が死亡し、Aの相続人であるB(父)がAの相続について熟慮期間内に単純承認も相続放棄もしないまま死亡した場合、Bの相続人であるC(子)は、Bの相続権を持つと同時に、Aの相続権をも併せて持つことになります。この制度を再転相続といい、Cを再転相続人といいます。

Cは、Bの相続財産について相続放棄するか選択することができると同時に、Aの相続財産についてもBの相続権に基づいて、相続放棄するか否か選択することができます。
ただし、CがBに対する相続権を放棄する場合は、Aの相続権も併せて放棄することになります。なぜなら、Aの相続権はBの相続財産に内包されるからです。逆にBの相続財産については相続を承認した場合でも、Aの相続放棄については相続放棄をするか否か選択をすることができます。

再転相続放棄の熟慮期間は、死亡した本来の相続人であるBを基準とすると、再転相続人であるCにとっては不相当に短くなってしまう恐れがありますので、Cが相続の開始を知った時から熟慮期間を起算します。Bの相続放棄に関する熟慮期間の起算点は、CがBの相続開始を知った時であり、Aの再転相続放棄に関する熟慮期間の起算点は、CがAの相続開始を知った時です。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声