限定承認とは(相続方法)

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 限定承認とは(相続方法)

限定承認とは(相続方法)

相続財産がプラスになるかマイナスになるかわからない場合、相続財産の範囲内でのみ被相続人の負債の返済義務を負い、相続人の個人財産で返済をする義務を負わない制度が限定承認です。相続放棄が完全に相続財産を放棄する手続であるのに対して、限定承認は条件付きで遺産を相続する手続といえます。

限定承認の手続きですが、相続放棄の手続きと同じく、被相続人の死亡を知り、自分が相続人になった事を知った時から3ヶ月以内に、被相続人の最終住所地を管轄する家庭裁判所に、限定承認申述書を提出して行います。
ただし、相続放棄の場合とは異なり、相続人全員(相続放棄した者を除く)から申立をしなければなりません。
具体的には、限定承認手続を開始してから5日以内に債権者及び受遺者(遺贈を受けた人)に権利を行使するように通知し、一般に対して申出をするように公告します。
その後、通知や公告に応じてきた債権者や受遺者に対して相続財産から弁済をすることになります。弁済にあたっては不動産などを競売手続等で清算する必要がありますので、ご注意ください。
ちなみに、限定承認をすると相続開始時に相続財産を時価で譲渡したものとみなされて、被相続人に譲渡所得税が課せられますますので税務上の注意が必要です。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声