寄与分制度について
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 寄与分制度について

寄与分制度について

寄与分とは相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の相続財産の増加に貢献した人がいる場合に、寄与分を相続財産から除いて計算します。

例えば、被相続人(亡くなった人)に、妻と、子供2人(長男・長女)がいるとします。
長男は、被相続人(亡くなった人)の事業を手伝っており、被相続人の財産増加に1000万円分寄与しました。つまり1000万円の寄与分があるとします。
そして、遺産が2000万円だった場合、2000万円から1000万円差し引いた、1000万円を相続財産として、遺産分割をします。
法定相続分で分けると、妻が2分の1の500万円、長男が4分の1の250万円、次男が4分の1の250万円となります。長男の取り分は、そこに寄与分の1000万円を足した1250万円となります。

寄与分の算定方法等は、相続人同士の話し合い(遺産分割協議)にて決定します。しかし、協議が整わない場合は、家庭裁判所の遺産分割調停によって決定することになります。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声