3ヶ月経過後の相続放棄(財産放棄)
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 3ヶ月経過後の相続放棄(財産放棄)

3ヶ月経過後の相続放棄(財産放棄)

相続放棄(財産放棄)の熟慮期間は、「被相続人の死亡を知り、自分が相続人になったことを知った時」から3ヶ月とされています。

悪質な貸金業者になると、わざと3ヶ月が経過するのを待ってから支払を要求してくるケースもありますので注意が必要です

なお、3ヶ月の熟慮期間の経過後に多額の借金が判明することは良くあり、3ヶ月が過ぎている場合でも相続放棄が認められる場合もあります。

最高裁判所の判例によると、
1. 相続財産が全く存在しないと信じていたこと
2. そう信ずるについて相当な理由があったこと

という要件が具備した場合に限って相続放棄を有効とするとしています。
文言どおりに解釈すれば、借金の存在を知らなくても、現金や預貯金等の相続財産が存在することを知っていれば、熟慮期間経過後の相続放棄はできないことになります。

しかし、上記の最高裁判所の判例以降、下級裁判所においては熟慮期間を緩やかに考える判例が多く出され、最高裁の判例どおりに判断すれば認められないような熟慮期間経過後の相続放棄が認められているケースも多く見られるようになりました。

現在、家庭裁判所では、熟慮期間経過の相続放棄に関して、緩やかな立場を取っており、多くの裁判官が「熟慮期間経過に借金が発覚したと相続人が主張する場合には、原則として熟慮期間経過後であっても相続放棄を受理すべきである」との審判を下してくれるようです。
ですので、3ヶ月が経過しても、相続放棄をしたい場合は、あきらめずに、手続きを行うようにしましょう。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声