養子縁組と相続

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続放棄申述受理証明書とは

相続放棄申述受理証明書とは

相続放棄の事実を証明するのに必要なのが「相続放棄申述受理証明書」です。各種相続による不動産名義変更をする場合、相続放棄をした相続人についての相続放棄申述受理証明書の添付が必要ですし、被相続人の債権者から受理証明書の交付を求められることもあります。

相続放棄申述受理証明書の交付申請は、相続放棄をした相続人だけでなく、利害関係人である他の共同相続人や被相続人の債権者からもすることができます。
利害関係人から相続放棄申述受理証明書の交付申請をする場合、本件相続に対して利害関係があることが分かる書類の提出を求められ、家庭裁判所が相当と認めたときに相続放棄申述受理証明書が交付されることになります。共同相続人からの交付申請の場合は、申請人の戸籍謄本の提出する程度で足り、債権者からの交付申請の場合は、債権の存在を証する書面の提出等、諸々の証明書類を要求されます。

相続放棄申述受理証明書の交付申請をする際に、相続放棄申述人の氏名の他に、相続放棄申述の事件番号、受理年月日を記載する必要があります。もし相続放棄申述の事件番号、受理年月日が不明な場合、「相続放棄等の申述の有無についての照会」をすることで、事件番号および受理年月日を知ることができます。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声