父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続

父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続

 

父母の一方のみを同じくする半血の兄弟姉妹は、父母の双方を同じくする全血の兄弟姉妹の相続分の二分の一とされている。

(事例)

夫には妻と兄弟姉妹A,B,C及び父のみを同じくする兄弟姉妹D,Eがおり、既に父母は亡くなっている時は、「配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるとき」に該当します。従って妻が四分の三、残りの四分の一をA,B,C,D,Eで分けることになる。D,Eは、父のみを同じくする兄弟姉妹なので、相続分は、A,B,Cの二分の一となります。つまり、A,B,Cは、各自三十二分の二、D,Eは、各自三十二分の一となります。

 

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声