特別受益者の相続について

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 特別受益者の相続について

特別受益者の相続について

1. 特別受益とは
共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者がある時は、その遺贈、贈与を考慮して相続分の計算を行うことをいう。

2. 特別受益の対象
相続人が被相続人から受けた、遺贈、婚姻・養子縁組のための贈与、生計の資本に限られる。

3. 特別受益の評価
価格評価の基準は、相続開始の時である。そして、受贈者の行為で贈与対象財産が滅失し、又はその価格の増減があった時でも、相続開始の時においてなお現状のままであるものとみなして評価する。
(1) 例えば、贈与の時に500万円の土地が相続開始の時に1000万円なら、1000万円と評価する。金銭の贈与の時も同様に贈与の時の金額を相続開始の時の貨幣価値で評価し直す。
(2) 受贈者の行為は、過失も含む。よって、失火等で贈与対象財産を滅失した時(売却等も含む)や、受贈者が破壊した時は、贈与当時の状態であるものとみなして評価する。

4. 特別受益者の相続分の算定方法
被相続人が相続開始の時において有した財産の価額に、特別受益とみなされる贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、これに法定相続分、指定相続分を乗じて特別受益者の相続分を算定し、この相続分から特別受益としての遺贈・贈与の額を差し引いたものが、その特別受益者の相続分となる。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

 

相続放棄お客様の声