代襲相続について

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 代襲相続について(その1)

直系尊属の相続について

 

直系尊属は、第二順位の相続人なので、被相続人に子供あるいは、その代襲相続人たる直系卑属が存在する時は、相続人には、該当しない。
ただし、これらの者全員が、(1)欠格者または、廃除された時、(2)相続放棄した時は、直系尊属が、相続人になる。
直系尊属間では、親等の異なる者の間では、その近い者が、先に相続人となる。

従って、たとえば、被相続人の母が、既に死亡して、父と母方の祖母が生存している時は、父だけが相続人となる。
また、直系尊属には、普通養子縁組の時は、実父母との親族関係は、終了しないので、実父母も直系尊属として、相続人となる。これに対して、特別養子縁組の時は、実父母との親族関係は、終了するので、実父母は直系尊属として、相続人になることは、ない。

なお、複数の直系尊属間の相続分は、相等しいものとされている。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声