代襲相続について

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 代襲相続について(その1)

代襲相続について(その1)

1. 代襲相続とは

代襲相続とは、相続開始以前に、推定相続人たる子供や兄弟姉妹が死んだり、廃除さ
れたり、欠格事由に該当したりしたために相続権を失った時に、その者の直系卑属(兄弟姉妹の時は子供のみ)が、その者に代わって同順位で相続人になる事である。

2. 被代襲者

被代襲者は、被相続人の子供と兄弟姉妹であり、被相続人の直系尊属と配偶者は、被代襲者にはならない。

3. 代襲者

(1) 被代襲者が子供の時は、その者の直系卑属。
(2) 被代襲者が兄弟姉妹の時は、その者の子供(被相続人の甥、姪)に限る。
(3) 被相続人の直系卑属であること。つまり、養子縁組後に生まれた養子の子供は養子を通して養親と法定血族関係を生ずるが、養子縁組前に生まれた養子の子供は、養親やその血族となんらの血族関係を有しないから代襲相続人にならない。ただ、養子縁組後に生まれた子供でも、離縁した時は、養親との血縁関係がなくなるので、代襲相続人にならない。
(4) 相続開始時に存在していること。つまり、推定相続人が廃除、欠格で相続権を失った後に生まれた子供や養子でも相続開始前に直系卑属の身分を取得するのであれば、代襲相続人になる。
(5) 被相続人から廃除されておらず、または、欠格者に該当しないこと。

4. 代襲原因

(1) 被代襲者の相続開始以前の死亡(同時死亡の推定の時を含む)。
(2) 被代襲者の相続欠格、なお、相続欠格の効果は相続開始時に遡るので、相続開始後に、相続欠格に該当しても、代襲相続できる。
(3) 被代襲者の推定相続人の廃除、これも、相続欠格と同様相続開始後の推定相続人の廃除も、代襲相続できる。なお、兄弟姉妹は遺留分がないので、廃除は、されない。また、相続放棄は、代襲原因ではない。
5.代襲相続の効果
   代襲相続人は、被代襲者に代わり、被代襲者と同じ相続順位で、被代襲者の相続分に該当する相続分を相続する。なお、複数の代襲相続人間の相続分は、同じ(頭割り)である。
     代襲相続について(その2)

5. 再代襲相続

被相続人の子供に代襲原因がおきた時には、孫が代襲相続するが、この孫にも代襲原因がおきた時には、被相続人のひ孫が代襲相続人となる。なお、兄弟姉妹には、再代襲相続の制度は、ない。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

 

相続放棄お客様の声