相続放棄類似行為
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続放棄類似行為

相続放棄類似行為

 

共同相続人の一人だけに相続財産を授与するためには、家庭裁判所への申述を必要とする相続放棄の手続きを取らなくても、共同相続人間の協議で、一人だけの相続人に相続財産を授与する遺産分割協議の合意ができる。

これには、二通りのやりかたがあり、一つめは、相続財産の授与を受けない相続人全員が、被相続人から生前贈与を受けているために、自分の相続分はない、という特別受益証明書を作成・添付して相続登記を行うやりかたである。

二つめは、一人だけの相続人が、相続財産の授与を受ける旨の遺産分割協議書を作成・添付して相続登記を行うやりかたである。

積極財産については、これで構わないが、債務等の消極財産は一人だけの相続人が、引き継ぐ為には、免責的債務引受がなされなければならないが、これには、全債権者の同意が必要なので、被相続人の全債権者の同意がなければ共同相続人は法定相続分に該当する割合の分割債務の負担は、免れない。

 

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声