相続放棄の考慮期間
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続放棄の考慮期間

相続放棄の考慮期間

 

1.相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から、三か月以内に相続放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において、伸長することができる。

2.相続人が数名いる時は、各自が自己のために相続の開始があったことを、必ずしも同時に知るとは限らないので、考慮期間は、各自別個に進行する。

3.自己のために相続の開始があったことを知った時とは、原則は、相続人が被相続人の死亡を知っただけでなく、自己がそれによって相続人になったことを知った時を意味する。
ただ、例外として、三か月以内に相続放棄をしなかったのが、被相続人に相続財産がないものであると信じ、なおかつそのように信じるについて相当な理由がある時は、考慮期間は、相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算するべき、とされた。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

 

相続放棄お客様の声