相続放棄の効果
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続放棄の効果

相続放棄の効果

 

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされる。

ただ、相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。これは、相続の放棄と同時に相続財産の管理義務がなくなってしまえば、管理を未だ始めていない相続人や相続債権者に、不測の損害を与えてしまうおそれがあるので相続の放棄をした者は、相続財産の管理を継続する義務を負うこととされたのである。

相続放棄の効果は絶対的であり、何人に対しても効力を生じるので、当事者は、これと異なる効果を与えることはできない。

なお、相続放棄がされた時には、代襲相続は発生しない。
相続放棄の効果は、遡及するので、登記がなくても何人に対しても効力を生じる。
また、相続放棄は身分行為であり、他人の意思で強制する性格のものでないので、詐害行為取消権の対象にはならない。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声