相続分の譲渡及び相続分の取戻し
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続分の譲渡及び相続分の取戻し

相続分の譲渡及び相続分の取戻し

1. 相続分の譲渡とは

各共同相続人が、相続財産全体に対して有する自己の相続分を遺産分割前に第三者に譲渡することである。これは、相続開始後、遺産分割までに、通常は少なからぬ時間を要するため、早急に金銭を必要とする相続人の利益を考慮して認められたものである。なお、ここにいう相続分の譲渡とは、積極財産のみならず、消極財産をも含めた包括的な譲渡を言う。
相続分の譲渡は、第三者だけでなく、共同相続人に対しても認められているが、共同相続人に対して相続分の譲渡がされた時は、取戻しは、出来ない。

2. 相続分の取戻しとは

共同相続人の一人が、遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡した時は、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。この権利は、相続分の譲渡があった時から一ヶ月以内に行使しなければならない。これは、相続分が赤の他人である第三者に譲渡されたら、遺産分割や遺産の管理の点でトラブルが発生する可能性が大きいので、他の共同相続人に取り戻す権利を認めたものである。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声