相続通則
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続通則

相続通則

 

1. 相続開始原因と開始時期

(1) 相続は、死亡によって開始する。死亡には、人の死亡と失踪宣告がある。
(2) 相続開始効果は、被相続人の死亡と同時に発生し、相続人が被相続人の死亡を知ったか否かや戸籍上死亡届をしたか否かは問わない。
相続開始時期は、死亡時は、戸籍に記載された死亡年月日時分で、失踪宣告時は、
普通失踪の時は7年間の失踪期間満了時、危難失踪の時は危難の去った時である。
(3) 相続人は、相続開始時に生きていなければならないので、同時死亡の時はこれらの者相互間では、一方の死亡時に他方も死亡しているため、相続は発生しない。ただし、親子が同時死亡推定を受ける時は、親とその子の子供(孫)の間においては、代襲相続が発生する。

2. 相続開始場所

相続は、被相続人の最後の住所地で開始する。これによって、相続の家庭裁判所の管轄が決定する。

3. 相続財産に関する費用

相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する。相続人が複数いる時は、この費用は各相続人の相続分の割合で、分担して支弁する。相続財産とは、被相続人の死亡時の積極財産と消極財産の全額をいい、祭祀財産は除外する。なお、相続人の過失で発生した相続財産に関する費用は、その相続人の固有財産から支弁しなければならない。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声