相続人の不存在
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続人の不存在

相続人の不存在

 

相続人の不存在とは

相続人の不存在とは、ある人について相続が開始したのに、その相続について相続人の存在が明らかでない時をいう。相続人はいるが、所在不明とか生死不明とかの時は、相続人不存在の問題ではなく、不在者あるいは失踪者の問題となる。

手続きとしては、相続人の存在が明らかでない時は、相続財産は、法人とされて、管理が開始される。相続財産が法人とされると、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求で、相続財産管理人を選任する。相続財産管理人は、公告を行って相続人の出現を待ちながら、相続財産の管理を行う。公告後二カ月以内に相続人の存在が明らかにならない時は、被相続人の債権者や受遺者に二カ月以上の期間内に請求の申し出をするように公告し、相続財産管理人が、相続財産から、支弁することになる。この公告期間満了後、なお相続人のあることが明らかでないときは、家庭裁判所は、相続財産管理人又は検察官の請求によって、相続人があるならば、六か月以上の期間内にその権利を主張すべき旨を公告しなければならない。ただ、この公告期間内に相続人としての権利を主張する者がない時は、相続人並びに相続財産管理人に知れなかった相続債権者及び受遺者は、その権利を行使できない。

最終の公告期間満了後三カ月以内は、特別縁故者からの相続財産分与の請求が認められている。特別縁故者からの請求がない時や、あっても認められなかった時、認められても残余財産がある時は、相続財産は国庫に帰属する。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声