相続人が相続資格を失う場合
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続人が相続資格を失う場合(その2)

相続人が相続資格を失う場合(その2)

相続人の廃除

相続人の廃除とは、被相続人が、推定相続人に相続させることを欲しないと考えるような非行があり、かつ、被相続人が推定相続人に相続させることを欲しない時に、被相続人の意思によって、家庭裁判所が審判または調停で、遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度である。

1. 廃除対象者
遺留分を有する推定相続人である。従って、兄弟姉妹は、該当しない。これは、兄弟姉妹に相続財産を与えたくなければ、その者の相続分をゼロとする遺言をするか、生前に全財産を処分すればよいからである。

2. 廃除原因
遺留分を有する推定相続人に、被相続人に対する虐待もしくは重大な侮辱又はその他の著しい非行があったときである。

3. 家庭裁判所に廃除の請求を行う
被相続人が、当該推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求する必要がある。遺言によるときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞無く、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。

4.廃除の調停の成立又は審判の確定があること
廃除されるか否かは、家庭裁判所の調停又は審判によるのであり、被相続人の請求によって必ず廃除されるのではない。この時に、廃除原因にあてはまるかどうかは、客観的な認定がなされ、被相続人の主観的な感情や意思に左右されない。

5. 廃除の効果
廃除の効果は、被相続人の死亡のときに遡ってその効力を生ずる。廃除された者は、遺留分を受ける権利もなくなるが、その者一身のみに生じ、廃除を請求した被相続人に対する相続権がなくなるだけである。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声