相続財産について/  相続についての豆知識
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 相続財産について(その1)

相続財産について(その1)

 

1. 相続財産の包括承継

(1) 原則

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ここにいう権利義務は、被相続人が有していた財産法上の地位で、単に具体的な権利義務をいうのではなく、権利義務として具体的には発生に至っていない財産法上の法律関係や法的地位、例えば、契約の申込を受けた地位、善意者・悪意者の地位、売り主の担保責任の地位等を含む。相続人は、このような財産法上の法律関係や法的地位を包括的に承継する。

(2) 例外

被相続人の一身に専属したものと祭祀財産は、例外的に相続人に包括的に承継されない。
A) 帰属上の一身専属権
被相続人の一身に専属したものは、相続人は承継しない。それゆえ、相続財産に含まれない。
被相続人の一身に専属したものとは、帰属上の一身専属権であり、これは、被相続人だけが帰属主体であることが要求される権利義務である。具体的には、委任者または受任者たる地位、代理関係における本人または代理人たる地位、民法上の組合の組合員としての地位、身元保証人たる地位、生活保護受給権、扶養請求権等が、該当する。
B) 祭祀財産
系譜(系図)、祭具(位牌、仏壇、神棚等)、墳墓(墓石、墓地)の所有権は、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。慣習が明らかでない時は、承継者は家庭裁判所が定める。
なお、遺骨については、死者の祭祀供養をつかさどる者に帰属すると解されている。
また、祭祀財産は、相続財産を構成せず、祭祀財産の承継は、相続による承継には該当しないから、相続人が相続放棄をしても祭祀財産の承継は、できる

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声