生命保険金と相続 /  相続についての豆知識
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 生命保険金と相続

生命保険金と相続

生命保険は相続なのか?

相続財産は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務であり、被相続人の一身に専属しないものである。

親が、自分にかけた生命保険の受取人を子供に指定した時、生命保険金請求権は、受取人に帰属するとされているので相続財産にはならないとされている。

ただ、生命保険金は、多額になるときが間々あり、たとえば、相続財産が200万円しかないのに生命保険金が2000万円のときもある。相続人が子供二人のときは、長男が親の生命保険金2000万円を受け取っても、相続財産に含まれないので相続財産200万円を長男、長女で二分の一ずつ分けるしかない。しかし、生命保険金を除外して、相続財産を二等分するのは、相続人間の公平を欠いてしまう。つまり、被相続人が多額の生命保険をかけて、保険料の支払いを継続していた時に、共同相続人のうち、一人だけが受取人として指定された時は、他の相続人との間で著しい不公平が生じてしまう。生命保険契約においては、受取人を指定しなければならず、親がたまたま長男を指定したのかもしれない。親がどうしても長男に生命保険金を全額渡したいという意図がないのであれば、長男と長女が二分の一ずつ受け取れる契約にするのが公平にかなう。この時は、一つの生命保険契約で長男、長女の二人を受取人に出来るが、別の契約で同額ずつ契約したら、二人が個別に生命保険金を請求できる。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

 

相続放棄お客様の声