遺言の効力 相続についての豆知識
  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
相続放棄トップ > 相続の豆知識 トップ > 遺言の効力

遺言の効力

1. 遺言能力

遺言者は、遺言をする時に、遺言能力を有しなければならない。また、遺言はできるだけ遺言者の意思を実現させる制度であるため、行為能力は、要求されておらず、遺言というものを理解できる能力があればよいとされているので、15歳に達した者は、遺言をすることができる。
それゆえ、被保佐人・被補助人も、保佐人・補助人の同意なしで、有効な遺言をすることができる。
なお、15歳に達していても意思能力は要求されるので、成年被後見人は、事理を弁識する能力を一時回復した時は、2人以上の医師の立会があれば、有効に遺言をすることができる。

2. 共同遺言の禁止

遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。ただ、一枚の紙に記載されていても独立の遺言で、切り離したら二つの遺言となるものは共同遺言には該当せず、それぞれ単独の遺言として有効である。

3. 効力発生時期

遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。ただし、遺言に停止条件を付した場合において、その条件が遺言者の死亡後に成就したときは、遺言は、条件が成就した時からその効力を生ずる。

遺産放棄・相続放棄の手続きでおこまりなら、当事務所にご相談下さい。
フリーダイアルでお電話いただけます。0120-40-3430

相続放棄お客様の声