遺言・遺留分とは?

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

遺言・遺留分とは?


遺言とは、故人が生前に残した最後の意思表示であり、その意思が尊重されます。

つまり、故人は遺言によって「法定相続分」に関係なく、自由に誰に何を残すか決めることができ、残す相手を相続人ではない者にすることも可能です。
(その場合は相続ではなく「遺贈」といいます)

しかし、相続人にも生活があるので、遺言で全ての相続分が奪われるのは酷というものです。法律は、遺言でもってしても侵すことのできない最低限の権利を一定の相続人に認めています。その権利を「遺留分」といいます。

  • 配偶者と子供(又は孫)・・・法定相続分の2分の1
  • 子供(又は孫)のみ・・・法定相続分の2分の1
  • 配偶者と親(又は祖父母)・・・法定相続分の2分の1
  • 親(又は祖父母のみ)・・・法定相続分の3分の1

遺留分は第3順位の相続人である兄弟姉妹(又は甥姪)には認められていません。

なお、遺留分を侵害された場合は、遺言により相続した人(又は遺贈を受けた人)に対して、自己の遺留分に対応する部分を返してほしいと申し立てることができます。
これを「遺留分減殺(げんさい)請求権」といいます。この請求権は「遺留分を侵害する相続(又は遺贈)が行われた事を知った時」から1年で消滅しますので、注意が必要です。

 

相続放棄お客様の声