遺産分割協議とは?

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

遺産分割協議とは?


相続人同士で遺産をどのように分けるかを話合う事です。

ただし、ただの話合いと違い、遺産分割協議は全員一致でないと効力がありません。たとえ一人でも反対すれば遺産分割協議はまとまらないということになります。
逆に全員一致であればどんな不公平な遺産の分け方でも効力を持ちます。ある相続人は一切遺産を相続しないとする事も可能です。なお、これは遺産に関してのみです。

原則、故人の負っていた負債(借金等)は「債権者の同意がない限り」相続分通りに相続することになります。

遺産分割協議はあくまで「遺産」の分け方を話合いで決めるのみです。
(故人の負債を相続放棄することが可能です。「相続放棄とは?」を参照)

遺産分割協議の手続きとして、相続人が全員一致で決定したことを書面にし、相続人全員が署名と押印をし、「遺産分割協議書」を作成する必要があります。

 

相続放棄お客様の声