遺産相続手続き・方法

  • 遺産相続・相続放棄のコツトップ
  • 遺産相続・相続放棄サービス4つの安心
  • 遺産相続代行サービス
  • 相続放棄代行サービス
  • よくある質問
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

遺産相続手続き・方法 (相続登記、不動産、土地、家など)

遺産相続手続き/方法

故人の所有していた財産全てが手続きの対象になります。

遺産相続手続きでは、まず「相続人の確定」と「遺産の確定」をします。

  • 相続人の確定」とは、故人の“出生した時点”から“死亡した時点”までの戸籍を全て取得し、相続人がいったい誰々であるかを確定することをいいます。
  • 遺産の確定」とは、故人の遺品から「権利書」や「預金通帳」を確認したり、必要なら各機関(法務局・銀行・証券会社等)に問い合わせ、故人が生前に保有していた財産を確定することです

相続人の確定」と「遺産の確定」が終わると、遺産をどう分けるかを決めます。
遺産を具体的にどう分けるかは、相続人同士の話し合いで決めることができます。
これを遺産分割協議といいます。

遺産分割協議の結果、相続人のうち誰が何を相続するかを決定し、名義変更が必要な財産に関しては名義変更の手続をすることになります。
不動産・預貯金・有価証券・自動車等の名義はそれぞれ法務局・銀行・証券会社・陸運支局等の各機関に書類を提出し、名義変更の手続をします。
名義変更が必要でない財産に関しては、遺産分割協議が終了した時点でその人の財産になります

遺産放棄のサイトはコチラにもあります

家・マンション・不動産名義変手続き 不動産・マンション・土地の名義変更サイト

相続放棄お客様の声